menu

欲動に身を任せるなら

オレンジのカプセルと水色のカプセル

生理は成功の証

ピルというと女性の月経不順を抑えるための薬ですが、アフターピルというのは全く違った働きを持ったものです。
生で性行為をするのであれば、そのリスクを自分の中でしっかりと理解し、女性側は女性側でしっかりと対策をしなければいけません。あ
だからこそアフターピルを利用することで得ることが出来る安心感というのは中々に凄まじいものです。
若い精子というのは凄まじいもので、危険日であれば無論、安全日であっても全く安全ではない結果を招いてしまうことがあります。
そのために、女性側がしっかりと避妊に対する意識を持っていなければ、自分の欲動から胎動になってしまうという結果を招きかねません。
そのために、自分の中の問題は自分で解決しましょう。
アフターピルはそういった危険な際の非常脱出ボタンのようなものです。

本来、避妊に失敗した際にアフターピルを飲むというのが正しいアフターピルの使い方であり、決して生でセックスを安全に行うためのものではありません。
そういった目的で服用するなら、アフターピルではなく低用量ピルを日常的に服用したほうが、目的にはマッチしています。
そのために、アフターピルはあくまでも避妊に失敗した場合に服用するものというのを覚えておいてください。
そうでないといざという場合に自分の体も、そのお腹に宿る命にも危険に晒す可能性があります。
もちろん若気の至りという言葉があるようにそういった危険な日に中に出してしまうということはあるでしょう。
しかし、そういったリスクのあるセックスというのは大人がして良いことではありません。
リスク・リターンをしっかりと管理するセックスでないと、大人のセックスとはいえません。


アフターだけじゃない

ピルは、アフターピルのように即時的な効果を発揮するだけでなく、継続的に服用することでその効果を発揮するものもあります。

避妊用ピルは、連続して服用することで避妊の効果がある薬です。
ピルの中には女性ホルモンに似た働きをする人口ホルモンが含まれています。
妊娠のメカニズムとして、脳が黄体ホルモンというホルモンに指令を送り、その黄体ホルモンによって、子宮内の環境を妊娠しやすいものに作り変えます。
そして、その状況で排卵が起こり、精子が子宮内で着床することが妊娠となります。

ピルを服用すれば、体内の女性ホルモンの絶対数を増加させることができます。その状態であれば脳は体内の女性ホルモンの量について誤認し、排卵そのものを抑えることが可能になります。
ピルが避妊に効果があるということは、そもそも排卵そのものが行われることがないためなのです。
さらにピルに含まれる成分は、子宮環境を妊娠から遠いものに作り変えます。

さらなるピルの効果として、ピルはそもそも生理不順を治療するための薬として開発されました。
排卵のタイミングをコントロールすることができれば、生理不順からくる体調不良も治ることがあります。
アフターピルのイメージが強いピルという薬ですが、体内の女性ホルモンのバランスそのものをうまくコントロールすることによって生理不順や生理痛の改善を図ることが可能となります。

アフターピルとしてピルを利用するだけでなく、生理不順に悩んでいるのならば、それを改善するためにピルを服用するのも悪くないかもしれません。

本来のピルの働き

ピルといえばアフターピルのイメージが男性の中で形成されている程に、ピルはあまり本来の目的にイメージが追いついていないのが現状です。
もちろんアフターピルとして利用する方が多いためにそのようなイメージが強いということもあるでしょうが、生理が重いためにピルを利用することそのものに何の問題も無いということを忘れないでください。
本来ピルは生理不順や生理痛に悩む女性を救うために開発されたのですから。

上記の通り、ピルそのものに対する悪いイメージのせいで、それに関わる産婦人科などの女性の悩みを解消する施設にまで悪いイメージが飛び火しているのも事実です。
産婦人科は妊娠した人だけが行く人ではありません。
一番身近なところでいうと、女性の性病でお世話になる診療科ですし、そのそも女性特有の病気というのは基本的に婦人科で治療するものです。
それを理解することのできない愚鈍な人間というのは気にする必要が一切無いのです。
むしろそういった固定概念で形成されている人々に関わるほうが疲れる原因になります。
そういった人々というのは往々にして声が大きい傾向にあります。
その声の大きさに中てられて婦人科を訪れるのを渋るという結果になるのが一番残念な結果です。
そういった悲しい結果を生まないためにも自分の気持ちというのに正直になりましょう。
最終的な到達点として自分の充実した生活があるのです。
そういった悲しい結果を作らないためにも、婦人科でアフターピルを処方してもらいましょう。
それでも無理なら通販で購入すれば良いのです。

記事一覧

オレンジのケースに入っている薬

「アフターピルは生理がくれば成功の証!通販で購入して避妊を!」の記事一覧です。

read more »

アフターピルって何なのか

アフターピルと聞くと大体のイメージはつくかもしれませんが、その正確な服用方法や効果、手に入れ方などまで把握しているという方は少ないかもしれません。ここではそんな方のためのあれこれが書き記してあります。

read more »

アフターピルを飲む時期

アフターピルというのは飲むタイミングというのが非常に重要になってきます。そのタイミングを間違えると妊娠に繋がることもあるほどです。アフターピルを通販で購入する場合タイミングに間に合わないことを考慮するべきでしょう。

read more »

アフターだけじゃない?

ピルというのはアフターピルに限らず継続的に服用することで効果を発揮するようなものもあります。そういった継続的な服用によって避妊しやすい子宮環境を作り出すことが可能になるために、自分の中で安心を生むことに繋がります。

read more »

婦人科で購入する場合

アフターピルを購入する場合には主に2種類の購入手段があると言えます。婦人科で処方してもらうのもひとつですし、通販サイトで購入するのも利便性が高くおすすめです。こちらでは婦人科で処方して貰う場合について書いていきます。

read more »