婦人科で購入する場合 | アフターピルは生理がくれば成功の証!通販で購入して避妊を! menu

婦人科で購入する場合

黄色とオレンジの薬

アフターピルは産婦人科やクリニックで処方してもらうことが可能です。
アフターピルは医薬品ということもあり、病院やクリニックで購入しようとした場合には、医師の処方箋が必要になってきます。
しかし、アフターピルとして購入する場合には基本的に保険適用外となることを覚えておいてください。

アフターピルではなく通常のピルのように、生理不順や生理痛を解消するために処方されるのであれば、保険が利用できる場合がほとんどです。
しかし、アフターピルの場合はその限りでは無いのです。
病院やクリニックによって変わってはきますが、ほとんどの病院やクリニックでは保険適用外になる可能性があるということを考慮しておきましょう。

アフターピルを病院やクリニックで購入する際には、診療そのものは必要ありません。
「ピル外来」という窓口でアフターピルを購入したい旨を伝えるだけでいいのです。
そのため煩わしい思いや恥ずかしい思いをせずともアフターピルを購入することが可能になります。
しかし保険適用外ということで中々に値段は高いものとなります。
アフターピルの種類にはよりますが、ワンシート5千円強~1万円弱は軽く見積もっておいたほうが良いかもしれません。
自分の中でその値段を意識しておかないとピルを購入することそのものが不可能な場合というのがあります。
多めに見積もっておいて損は無いということです。