アフターピルを飲む時期 | アフターピルは生理がくれば成功の証!通販で購入して避妊を! menu

アフターピルを飲む時期

カラフルな薬と瓶

アフターピルを服用する際に一番重要な要素はタイミングとなります。
タイミングを間違えると何にもなることなく、お腹の中の精子が赤ちゃんになる結果というのが発生しかねません。
アフターピルを服用する時点で避妊を目的としているのは明らかです。
ならばそこで妊娠するのは望んでいることでは無いはずです。
自分の中の欲動に従ってセックスをすることそのものは何も悪いことではありません。
暴力的なプロセスを踏まない限り、セックスというのは往々にしてお互いを少しずつ理解するために必要なプロセスです。
そうなれば、自分の中で避妊をするということは非常に重要なことになってきます。
自分の中で得ることが出来る快感や満足感というのは常に妊娠のリスクがつきまとっているものだということを忘れてはいけません。
妊娠した際にしんどい思いをしなければ行けないのは女性側なのです。
そのことをしっかりと理解しておかないと実際に避妊に失敗した際にひどい思いをしなければ行けないかもしれません。

アフターピルがなぜ避妊を可能にしているかというと、アフターピルは排卵を遅らせることができます。
精子そのものの寿命はおよそ3日と言われています。
それに対し卵子の寿命は2日ほどで、危険日は排卵前後の4日ということになります。
排卵のタイミングというのは生理の2週間前となります。
しかし、排卵日というのは4日前後遅れるというのはよくある話です。
そのために自分の中で生理周期をきちんと把握しておくことが非常に重要であるように感じます。
とはいえ、10代や20代のうちというのは非常に生理周期がブレることが多いです。
そのために、確実な安全日など存在しないと言ってもいいでしょう。
だからこそアフターピルが必要になってくるのです。